文字サイズ

少年隊 錦織一清と植草克秀がジャニーズ事務所を退所へ、今年いっぱいで

 少年隊の錦織一清(55)と植草克秀(54)が今年いっぱいでジャニーズ事務所を退所することが20日、分かった。事務所の公式サイトで明かした。東山紀之(53)は引き続き所属する。

 公式サイトで「この度、弊社所属タレント錦織一清・植草克秀(少年隊)は、2020年12月31日をもちまして、ジャニーズ事務所所属タレントとしての活動を締め括り、新たな道へと進みますことをご報告申し上げます」と告知。

 2人が退所しても「少年隊」というグループ名は存続する。その理由について「ジャニーが生み育てた少年隊につきましては、その功績と少年隊そのものは残したいというメンバーの意向を尊重し、これからも所属グループとしてその名を残すことといたしました」としている。

 3人はそれぞれコメントを発表。錦織は「所属事務所を退所させて頂く事となりました。この歳になって本当の意味のひとり暮らしをしたいという希望を伝えたところ、快く承諾していただけたことに、心から感謝しています」。

 植草は「私植草克秀は、2020年12月31日をもちましてジャニーズ事務所を卒業致します。これまで応援してくださったファンの皆様、お世話になりました関係者の皆様へ心より感謝申しあげます。自分にとってかけがえのない仲間である、ニシキ、ヒガシ、忘れられない思い出と経験の数々を本当にありがとうございました」。

 東山は「2人とは、別々の道を模索する事となりました。これまで、親兄弟よりも濃密な35年間を過ごしてきましたし、その中で、誰よりも長い青春時代を2人と過ごせた事を誇りに感じています」などとしている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス