文字サイズ

浜野謙太 9月開始のドラマ出演…椎骨動脈乖離で入院も「まもなく現場復帰」とカンテレ

 ミュージシャンで俳優の浜野謙太(39)、女優・片瀬那奈(38)らがカンテレ・フジテレビ系ドラマ「DIVER-特殊潜入班-」(9月22日スタート。火曜、後9・00)に出演することが16日、明らかになった。

 主演の俳優・福士蒼汰(27)がダークヒーロー役に挑戦する作品で、浜野はホワイトハッカー、片瀬は闇医者役。2人は、福士演じる黒沢らで極秘結成された「潜入捜査チーム(D班)」の一員として、犯罪組織から情報や証拠をつかみとる。

 浜野は12日のツイッターで、脳に血液を送る椎骨動脈の血管壁の内部が裂け解離性動脈瘤が生じることで起こる「椎骨動脈乖離」で約2週間入院していたことを公表。スケジュールの変更を各所に謝罪した上で「先生の許可得たので順次無理なく仕事復帰します。家族。仕事。身体さえ1人では支えられない。学びました」としていた。制作のカンテレは浜野について「無事に退院され、まもなく現場に復帰されます」と説明した。

 高度なサイバーテクニックを駆使して、数々の事件の糸口をつかむ宮永壮一を演じる浜野は「(黒沢)兵悟とはノリも育ちも性格も違いますが、ポリシーや自負を超えた、ただただ集中した地点イコール“ゾーン”で一緒になれる仲間だと思います。一部、D班のメンバーと結託するところはあったとしても、それ以外のノリが合わない、どこかウザい感じが出たらなと思っています」とコメントした。

 皆本麗子役の片瀬は「D班は、命の危険と隣り合わせの捜査ばかりなので、D班の医者としての役割として、負傷したときの治療はもちろん、心のケアもするようなチームのお母さんでいようと心がけています」と明かした。役作りで、医療器具の使い方や縫合術の医療監修指導を受けたという。

 また、兵庫県警組織対策課の課長役に正名僕蔵、その部下を民放連続ドラマ初出演となる若手俳優・中山義紘(劇団Patch)が演じる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス