文字サイズ

吉永小百合 死去の渡さん思いやる「恒彦さんのところに行ってしまったのでしょうか」

 日活アクション映画や刑事ドラマ「西部警察」で知られる俳優の渡哲也(わたり・てつや)さんが10日、肺炎のため死去した。78歳。日本の映画界をリードしてきた名優の逝去に芸能界にも悲しみが広がった。

 女優の吉永小百合(75)は、「夏の海が大好きだった渡さんは、泳いで泳いで恒彦さんのところに行ってしまったのでしょうか」と、弟の渡瀬恒彦さんが待つ天国へ旅立った渡さんを思いやった。

 2人は、多くの映画やCMで仕事をともにした。1966年の映画「愛と死の記録」で初共演。67年には「青春の海」、69年には「嵐の勇者たち」でもタッグを組み、一時は「結婚するのでは」とささやかれるほどの“ベストカップル”だった。2000年にも「長崎ぶらぶら節」でも“再会”。昨年は、宝酒造「松竹梅」のCMでも息の合った様子を見せた。

 吉永は「大きな病気を何度も乗り越えてこられたのに残念です」と渡さんとの今生での別れを悔やみ「ご冥福を心からお祈りいたします」としのんだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス