文字サイズ

セクゾ松島聡 パニック障害から1年9カ月ぶり復帰「治療薬はファンの存在だった」

 ジャニーズ事務所は12日、突発性パニック障害の治療に専念するため2018年11月から活動を休止していたSexy Zoneの松島聡(22)が、活動再開することを発表した。松島は会員制サイトで、中島健人(26)ら4人のメンバーとともに動画で復帰を報告。約1年9カ月ぶりに元気な姿を見せた。

 セクゾが5人そろった。松島は動画で、メンバーたちに見守られながら「皆さん、ご無沙汰しております」とあいさつ。「自分自身にとって何よりも一番治療薬となるものはファンの皆さんの存在だということを改めて感じることができました」と感謝を口にした。

 一昨年11月に病状を公表し、治療に専念するため期限を設けず仕事を休養。ゆっくりと心身のケアに努めてきた。ジャニーズ事務所は「段階的にコミュニケーションを取りながら慎重に状態を見極める中で一定の回復が見て取れたこと、また、再びSexy Zoneのメンバーとして活動したいという意志は一貫して変わることがなかったことから活動再開に向けた準備を開始することといたしました」と説明。医師らと相談のうえ、復帰のGOサインが出た。

 約1年9カ月間、仕事を離れていたこともあり、同事務所は「段階を踏みながら緩やかに」活動を再開させていく方針。9月から予定されるライブツアー「Sexy Zone POP×STEP!? TOUR 2020」の出演は見送られる。松島は「今後は自分自身の体調とうまくつきあっていきながらお仕事を頑張っていきます」と話した。

 4人でグループを支えてきた中島、菊池風磨(25)、佐藤勝利(23)、マリウス葉(20)は緊張気味の松島を温かく迎えた。中島は「ようやくSexy Zoneが真の形に戻りましたね」と笑顔。休養中もメンバーと連絡を取り合い、新曲「RUN」の振り付けも一部披露した松島に、菊池は「5人で『RUN』していきたいね」とほほ笑みかけた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス