文字サイズ

さだまさし、長崎「原爆の日」でメッセージ「武器で平和を買うことなど絶対できない」

 長崎は9日、被爆から75年の「原爆の日」を迎え、爆心地に近い長崎市松山町の平和公園で「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」が営まれた。

 式典に合わせ、長崎市出身のノーベル文学賞作家カズオ・イシグロ氏(65)、歌手さだまさし(68)がメッセージを寄せた。

 母が被爆したイシグロ氏は「私たちの文明社会がいかに脆弱(ぜいじゃく)な状態にあるかを忘れてはなりません」と警告。国際協力と国際理解の重要性を指摘し、「人間の命こそが至上の価値を持つものであることを心に留めましょう」と訴えた。

 さだは「本当の悪は人の心の中にいて、次々と兵器を考え出す」、「戦争が全て悪い。武器で平和を買うことなど絶対にできない」という、被爆した叔母の言葉を引用。「世界中から戦争と核兵器が無くなるよう、心から祈ります」と結んだ。(イシグロ氏のメッセージは長崎市の訳に基づく)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス