文字サイズ

吉永小百合、映画122本目で初の医師役!在宅医療テーマにコロナ禍の社会状況反映

 女優の吉永小百合(75)が映画「いのちの停車場」(21年公開)に主演し、初めて医師役を演じることが6日、分かった。122本目の出演映画は、現役医師で作家の南杏子氏が5月に上梓した新作小説が原作。映像化を熱望した吉永が脚本作りから携わり、医師を取材するなど役作りを進めている。在宅医療をテーマにコロナ禍の社会状況も反映。吉永と初共演の広瀬すず(22)、松坂桃李(31)ら豪華キャストが集結し、様々な患者の命と向き合っていく。

 吉永が新境地に挑む。122本目の映画で初の医師役。9月のクランクインに向け「幼い頃、身体が弱くて何度も入院し、素晴らしい先生に救(たす)けていただきました。医療関係の方々へ感謝の思いを込め“生と死”をしっかり見つめる作品をみんなで力を合わせて作ります」と燃えている。

 運命の出会いは昨春だった。終末期医療の専門病院に勤務し、終末期医療や在宅医療をテーマにした小説を執筆している南氏の作品に出会い、吉永は映像化を熱望。関係者を通じて南氏にコンタクトをとると、ちょうど新作「いのちの停車場」を執筆中だったことから、同作の映画化が決定した。原作と同時並行で脚本作りが始まり、吉永は脚本家らと何度も打ち合わせをして映画の骨格を練り上げてきた。

 大学病院の救命救急医だった主人公が、とある事情により石川県の実家に戻り、在宅医療で患者と向き合う「まほろば診療所」に勤めるところから物語は始まる。吉永は実際の救命救急医や在宅医療の医師からも話を聞き「どんなドクター像を作ることが出来るか、心が弾む毎日、しっかり準備します」と役作り中。コロナ禍も脚本に反映させ、命のあり方を見つめ直している。

 撮影準備の段階から万全のコロナ対策を徹底。現在も抗体検査を行い、打ち合わせなどの際はフェイスガードの着用やアクリル板による仕切りによって感染対策している。撮影前には全スタッフ・キャストがPCR検査を受け、可能な限り現場でもフェイスガードを着用するという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス