文字サイズ

半沢 予告でド迫力の柄本明の役柄は?「悪人面すごい」と話題…江口は大臣役

 TBS系ドラマ「半沢直樹」が次回9日の第4話が前半クライマックスと伝え、2日の第3話ラストに流れた次回予告では、大和田取締役(香川照之)が会議室の床に崩れたり、「死んでもイヤだねー!」と吐き捨てるシーンのほか、柄本明、江口のりこら新たな登場人物も現れた。

 柄本らは、すでに中野渡頭取(北大路欣也)と大和田取締役の間で前ふりで会話されている、破綻寸前の航空会社を巡って物語が進むドラマ後半の主要人物で、ドラマのSNSなどで公開されている人物関係図では、柄本は「進政党重鎮議員 箕部啓治」、江口は「国土交通大臣 白井亜希子」役で、ほかに筒井道隆が「帝国航空再生タスクフォース リーダー乃原正太」役。

 予告編で不気味に笑う柄本の姿にネット上では「あの一瞬で役柄も人物像も伝わってしまう」「濃いキャラ大渋滞」「次回予告の柄本明が怖すぎる」「予告の柄本明さんに全部もってかれた…こわすぎる…」「柄本明の悪人面がすげぇ」と期待する投稿が続いている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス