文字サイズ

宝塚歌劇 轟悠、小池修一郎氏が特別顧問に就任 現役生徒では2人目

 宝塚歌劇団は19日、元雪組トップで専科スター轟悠(とどろき・ゆう)と、演出家の小池修一郎氏が理事を退任し、特別顧問に就任したことを発表した。現役生徒の特別顧問は松本悠里(まつもと・ゆり)に次いで2人目となる。

 轟は1985年に入団、97年に雪組トップに。2002年に専科に配属され、03年に理事となった。専科に配属後も、各組で主演しするなど劇団の顔として活躍している。

 小池氏は現在の宝塚を代表する作品である「エリザベート」の潤色・演出で知られ、また外部のエンターテイメント業界でも活躍している。

 轟の特別顧問就任で、現役生徒の理事は専科の英真(えま)なおきのみ。また特別顧問は元劇団理事長で「ベルサイユのばら」の演出などで知られる植田紳爾氏、小池氏、松本、轟の4人体制となる。劇団は「理事会などの出席はなくなりますが、これまでの活動と大きく変わることはありません」としてる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス