文字サイズ

半沢直樹VS猿之助&香川 やられたらやり返す!3カ月遅れの“令和の倍返し”だ

 2013年に放送され、最終回で平成期の民放ドラマ史上最高となる平均視聴率42・2%を記録したTBS系ドラマ「半沢直樹」の新作(19日スタート、日曜、後9・00)の制作会見が12日、リモート配信され、主演の堺雅人(46)ら10人が登場した。コロナ禍で3カ月遅れの放送となった今年の大本命。前作で宿敵・大和田常務を演じた香川照之(54)と新たな敵役として登場する市川猿之助(44)の“いとこコンビ”が顔をそろえ、堺と火花を散らした。(数字はビデオリサーチ日報調べ、関東地区)

 撮影で熱演を続ける堺の声はややかすれていた。2月23日にクランクインし、4月クールで放送予定だったが、コロナ禍で一時撮影がストップ。3カ月遅れの放送まであと1週間となり「芝居で怒鳴りすぎて変な声ですいません。一足先に見させていただいたのですが、すごいカロリーの詰まったドラマ。すごい壮大な物語がようやく始まった気がします。大きな船出の感じです」とうなずいた。

 有能バンカーの半沢が、逆転に次ぐ逆転で銀行内の不正と戦う人気作。今作では、前作ラストでまさかの出向を言い渡された東京セントラル証券が舞台で、池井戸潤氏の小説「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」を原作に“令和の倍返し”が描かれる。

 注目は、前作で半沢に倍返しの土下座を食らわされた香川演じる大和田常務で、今作では取締役に降格しているが、頭取派にくら替えして居残る。原作2作には登場しておらず、何をするのか不気味な存在として物語を揺さぶる。

 いとこの猿之助が新たな敵役、証券営業部・伊佐山部長として加わっており、香川は「僕は土下座を食らってるわけですから、いとこまで土下座を食らうわけにはいかない。一族をかけた戦いですよ」とメラメラ。猿之助も「僕ら脇の人間がいかに輝くかで主役も輝く。お役目ができたかなと思っています」とヒールの美学を貫徹する意気込みだ。

 受けて立つ堺は「(猿之助は)打ち込んでも打ち込んでも刀を吸い込むようなお芝居をされる」と解説。濃厚な演技合戦は健在だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス