文字サイズ

鈴木紗理奈 ユッキーナと疎遠になっていたと告白「子育てのことで意見の食い違いが」

 タレント・鈴木紗理奈(42)が12日、TBS系「サンデー・ジャポン」に生出演し、芸能界を電撃引退した元タレントの木下優樹菜さん(32)にエールを送った。

 木下さんとはプライベートでも親交が深いとあって「怒りたい気持ちもあるし、話を聞いてあげたい。人としてオモロイ、軽率なとこあるけど。母として責任感を持って頑張って生きていってほしい。しっかりしろよ!!」とメッセージ。

 “ヤンキーキャラ”の共通点もあって仲が良かったが「実は…去年の11月くらい、自粛の時くらいに子育てのことで意見の食い違いがあって。そこから連絡を取り合ってなくて」と関係に亀裂が入っていたことを告白。

 離婚や引退について直接の報告はなかったというが「タピオカはもちろん優樹菜が悪い。男女、夫婦は人さまのことですが、ここまでになってしまって、もし連絡をくれたらちゃんと話し合いたい」と、相談相手に名乗りを上げた。

 その後、スタジオの重い空気を察してか、「でも、ヤンキー枠が1個空いたので、私がもらおうかな。チョリース!!」と、ジョークも飛ばしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス