文字サイズ

藤井七段 王位戦も初陣星 史上最年少タイトルへ「反省生かせれば」

 王位戦第1局で木村一基王位(右)に勝利した藤井聡太七段(日本将棋連盟提供)
 終局後に会見を行い、笑みを浮かべる藤井聡太七段=愛知県豊橋市・ホテルアークリッシュ豊橋
2枚

 将棋の藤井聡太七段(17)が木村一基王位(47)に挑戦する第61期王位戦七番勝負第1局2日目が2日、愛知県豊橋市の「ホテルアークリッシュ豊橋」で指され、藤井七段が95手で勝利。地元・愛知県での対局を制し“Wタイトル戦”の初戦を幸先良く飾った。1日目から攻勢に出た藤井七段は、この日も思い切り良い踏み込みで優位を拡大し、木村王位の反撃を許さぬまま完勝。初の2日制にも動じることなく、タイトル戦は初登場から3連勝となった。

 さまざまな“初物づくし”も吹き飛ばし、鬼神のごとき強さで第1局をものにした。終局後の会見で藤井七段は「攻め方を間違ってしまったところもあると思うんですが、なんとか最後は押し切れた」と穏やかに話した。

 1日目の昼食休憩前から駒がぶつかり、2日目の午前中から既に終盤戦に入るほどの、流れの速い一戦だった。対局前日のオンライン前夜祭で「一手一手最善を追求して指したい」と宣言した通り、激しい流れの中でも最善の手を連発。「千駄ヶ谷の受け師」の異名を取る木村王位に、受ける猶予を与えず即詰みに切って捨てた。

 初めての2日制対局で、前夜は相手の封じ手を想像しながら眠りについた。「普段通り寝ることはできたんですが…」としつつ、「体力的なところも気をつけないといけないなと思いました。普段以上に体力、集中力が要求される気がします」と振り返った。

 実際、持ち時間を50分以上残し、午後5時37分終局という早期決着ながら、終局後の会見では疲労困憊(こんぱい)の様子。「2日目の午後からかなり普段の対局以上に疲労を感じるところはあったので、2日間を通して集中できる力が必要なのかなと思いました」と、数少ない“課題”も口にした。

 Wタイトル戦を完勝で飾り、「いいスタートが切れたかなと思うので、第2局もしっかり指したい」と充実感を漂わせた。これで渡辺明三冠(36)との棋聖戦連勝に続き、タイトル戦3連勝。しかも付け入るスキを与えない完勝ばかりだ。

 9日には棋聖戦第3局が行われ、勝てば17歳11カ月と史上最年少でのタイトル獲得となるが、「まだ番勝負は前半なので、意識することなく反省を次に生かせれば」と足元を見つめた藤井七段。快挙達成に向け、さらに勢いを加速させた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス