文字サイズ

NHK会長 大河と朝ドラの通常放送再開に「まだ申し上げられない」

 NHKの定例会長会見が2日、東京・渋谷の同局で行われた。前田晃伸会長(75)は新型コロナウイルス感染拡大の影響で放送を一時中断している大河ドラマ「麒麟がくる」、連続テレビ小説「エール」が、ともに収録は6月中に再開したことについて言及した。

 放送再開のめどについて、「収録を再開したばかりだが、中断してどうやってつなぐか苦労しながらやっている」とし、「いつ通常の形で放送できる状態になるかどうかは、今はまだちょっと申し上げられない。調整しながらやるしかない」と話すにとどめた。

 また、局の定めた新たなガイドラインに沿っての撮影を再開したが、現場では試行錯誤が続く中で収録が行われていると明かした。「麒麟-」については、撮影再開時を視察したというが、「理屈以上に収録が難しい。ものすごく時間がかかる。頑張ってやっていくしかない」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス