文字サイズ

橋下徹氏 「巨人軍だからってPCR検査を抱え込んだら、不公平にならない?」

 前大阪市長の橋下徹弁護士が6日、カンテレ「胸いっぱいサミット!」に出演。巨人の坂本勇人内野手と大城卓三捕手が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性となった件について「巨人軍だからってPCR検査を抱え込んで、不公平にならないんですか?」と疑問を呈した。

 「僕はPCR検査を受けた立場ですから」とし、「手順を踏んで2週間待機して症状をチェックして、最後に免疫経過反応も出たから医師の判断で受けたんですけど」とかなりの手順を踏んでようやくPCR検査を受けられたと説明。そして「巨人軍だからPCR検査を全部抱え込んで、ってなったら、日本のPCRを拡大しろ、医療資源もあるから拡大できない、など議論もあったけど、野球選手やスポーツ選手がどんどんPCRをやって開幕するって、これは不公平にならないんですか?」と質問した。

 元衆院議員でタレントの東国原英夫は「PCR検査を増やして、一般の方たちもできるように体制を取るようにね。大阪がすごいのは、1日3200人受けられる体制ですって、毎日のように広報してる」と説明した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス