文字サイズ

「テラハ」木村花さん急死で検証へ…フジ社長「出演者をどう救済するか、認識十分でなかった」

 フジテレビは29日、報道各社の質問に文書で回答した。出演者のプロレスラー木村花さんが23日に急死(享年22)した恋愛リアリティー番組「テラスハウス」について、遠藤龍之介社長は「番組制作の私どもがもっと細かく、継続的に、彼女の気持ちにより添うことができなかったのだろうかと、慚愧の念に堪えません」とのコメントを出すとともに、今後、検証を行う意向を明かした。

 遠藤社長は「今回の木村花さんの痛ましい出来事に対して、改めて心からお悔やみを申し上げます」と述べた上で、「リアリティーショー」という特殊な番組の性質をふまえ、「刻々変化する出演者の心の在り方という大変デリケートな問題を番組としてどう扱っていくか、時としてどう救済していくかということについて向き合う私どもの認識が十分ではなかったと考えております」と出演者の心のケアなどへの反省とともに言及。なぜ痛ましい結果となったのか、再発防止も含め「今後、十分な検証を行ってまいります」と明かした。

 木村さんは番組での言動に関し、ネット上で多くの誹謗中傷を受け、悩んでいた。自宅には遺書めいたメモが残され、自殺とみられている。

 木村さんが出演していた「テラハ」の「2019-2020」シーズンは打ち切りが発表されている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス