文字サイズ

坂上、薬丸ら黒川氏の訓告処分に憤り 薬丸「こんなこと納得できますか?」

 俳優の坂上忍、タレントの薬丸裕英、キャスターの南美希子が28日、フジテレビ系の生番組「バイキング」で、緊急時代宣言下、賭けマージャンに興じていたことが発覚し辞職した黒川弘務・前東京高検検事長の訓告処分を巡り、一斉に疑問の声を上げた。

 南は「罪としては賭博罪にはあたるけども、マージャンやる人の常道の軽微なものではある」とした上で「ただこの人は法の番人であり、こんなに抗議が来た検察庁法改正案の張本人であり、新聞記者との接触も問題」と、黒川氏のケースの特殊さを指摘。「当然でありながらしかるべき処分を内閣が堂々と下すべきだと思うんですが」と主張した。

 司会を務める坂上は「芸能人とかね、例えば薬物でも何でもね、見せしめ的にね、ドーンってやられる時があるじゃないですか。やっぱり黒川さんのお立場だと、こんな人であったとしても、厳罰に処するとか、なんかそこら辺の凜とした姿勢みたいなものをちょっと見たかった気もするんですけどね」と、不祥事を起こした芸能人が失うものの大きさに比して、黒川氏の処分の軽さに納得がいかない様子だ。

 薬丸も「そうしないと、今まで積み重ねてきたものが、一つのことで台無しになるわけじゃないですか、われわれの世界だって。一般社会でもそうですよ。それがこんだけ立場ある人が賭けマージャンしてて、訓告です。もう決まったから覆せませんって、こんなこと納得できますか?」と、芸能界や一般社会と懸け離れた永田町の論理に憤っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス