文字サイズ

テラハ打ち切り 「2019-2020に関しては」にネット上ツッコミ相次ぐ

 ネットフリックスとフジテレビで配信、放送されている「テラスハウス」の放送と制作が中止されることが27日、発表された。番組内の言動を巡り、出演していた女子プロレスラー・木村花さん(享年22)が誹謗中傷を受け、23日に死去。遺書めいたメモが見つかっている。

 公式ツイッターやフジテレビの番組サイトで27日夜、「『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』に関しましては、制作を中止する事を決定致しました。この度のことを重く受け止め、今後も真摯に対応して参りたいと考えております。」などと発表された。この決定に、公式ツイッターにはさまざまな意見が寄せられた。

 「復活を期待」など惜しむ声の一方で、「打ち切りは当たり前」「当然の決定」など厳しい意見も多くみられた。

 さらに、「2019-2020に関しては制作を中止?まさか一定期間後にまたやるなんて事はないですよね?」「え?2019-2020に関しては中止?てことはほとぼりが冷めたら2021年は真摯に作るってこと?ウソでしょ」「気になる文言。。“2019-2020に関しましては…”ん…??」と中止は今シーズンだけ、とも受け取れる表現に指摘が相次いでいる。

 また、“台本のないリアリティーショー”とうたうテラハに、演出の側面はなかったのか?など「真実を明らかにしていただかないことには、花さんは浮かばれない」という声や、「SNSを絡めて番組を盛り上げる手法をとるなら、もっと主体的にSNSを管理すべき」など、“検証”や同様のプラットフォームでの“再発防止”を願う声も。

 復活を望む人の中にも「精神科のカウンセラーをつけるなり対策した上で新シリーズを」と出演者の心のケアの必要性を訴える意見もあった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス