文字サイズ

ラサール石井 「自民党のネトサポ隊」に要望…個人攻撃の類は厳に慎んで

 タレントのラサール石井が27日、ツイッターに新規投稿。「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラーの木村花さんが死去したことに関連し、政府がSNSでの投稿に制度改正を検討していることについて言及した。

 石井は、自民党の三原じゅん子参院議員のツイート「自民党政務調査会の中に、私が座長として『インターネット上の誹謗中傷・人権侵害等の対策PT』を立ち上げ、本日役員会を行いました」との報告を引用。

 石井は「他の事に比べて動きが早くなんだか気になりますが」と警戒した上で、「是非自民党のネトサポ隊でも、安倍礼賛はいくらでもしていただいてよろしいが、個人攻撃の類は厳に慎んでいただきたい。そして、総理や閣僚への人格や容貌以外の批判は、あくまで政権批判であり、個人的誹謗中傷ではないことは確認していただきたい」と要望した。

 三原氏はこれに先立つツイートで「批判と誹謗中傷の違いを皆さんにまず理解して頂くことが大切。まして政治批判とは検討を加え判定・評価することです。何の問題も無い。ご安心を」としている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス