文字サイズ

加藤紗里 生きること辛かった…親にまでいたずら電話や誹謗中傷が

 タレントの加藤紗里が25日に更新したインスタグラムで、フォロワーからの「1番多かった一問一答の質問について長くなりそうなのでまとめます」として「親にまでいたずら電話や誹謗中傷がいきました」などと答えた。

 加藤は質問の中に「メンタルの強さの秘訣についてや、誹謗中傷どう思う?やアンチを訴えないの?コメント欄一度封鎖した方がメンタルやられちゃうよ。りりちゃんの顔出しして!」などとあったことを投稿し、「ありがとうございます」と謝意。 

 続けて「紗里自身、誤解している人が多いと思うけど当時4年ほど前に起きた件によって事務所にも入っていなかった一般人だった紗里がいきなり芸能界に入り、売名とか踏み台にしたなど散々叩かれ世間が全員敵に思えて生きるのが辛くなった時期がありました」と振り返った。「実家も晒されて親にまでいたずら電話や誹謗中傷がいきました」という。

 さらに加藤は「何度も何度も、芸能界に引きずり込んだ例の芸人を恨みました。感謝など1ミリもしてません」とも。その上で「でも一つだけアンチのおかげで気づきました。踏み台にした売名をしたとゆわれるのならば踏み台にすらならないくらい踏み台にしてやろうと」と発想を変えたとしている。

 加藤はまた、コメント欄を封鎖しない理由について、「それは紗里のコメント欄はゴミ箱のようなものだから、みんなの日頃のストレスのはけ口。それを封鎖したら違う人のコメント欄に罵詈雑言を書きこむでしょ??」「でもだからりりは絶対に芸能界には入れないし顔出しもしません。りりには紗里と同じ思いをさせたくないから」と娘には芸能界に入って欲しくないと記した。「そして今やっと例の芸人にありがとう。紗里を強くしてくれて」と感謝の思いを表した。

 加藤は「紗里が出来る事は何も無いけど、紗里と同じ思いをしない様に、死ぬ事が馬鹿に思えるぐらいにYouTubeで馬鹿なことやっていこー」と記した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス