文字サイズ

鴻上氏、検察庁法が“廃案”ではなく“見送り”なのは「僕らが忘れると思ってる」

 演出家で作家の鴻上尚史氏が19日、TBS系「グッとラック!」で、検察庁法改正の今国会での成立が見送られたことに、「廃案」ではなく「見送り」であることに「僕らが忘れると思ってる」と政府側をけん制した。

 ネットで多くの人が「#検察庁法改正案に抗議します」などとタグ付けし、声を上げた検察庁法改正について、安倍晋三首相は18日に、国民の理解を得られていないとして今国会での成立は見送ると発表した。

 これに鴻上氏も、自身のツイッターに「ハッシュタグはつけました」と切り出し「見送りっていうのは、廃案ではなくて、今ちょっともめたから、しばらくしたらみんな忘れるだろうってことなんですよね」と、廃案ではないことに注目。

 「国家公務員法、定年の延長なんだからと政府は言った、国民は何を怒ったかというと、検察庁の偉い人の定年を内閣の判断で伸ばせるっていうことが問題なんでしょう?ということだったから、前半の国家公務員法の方は成立させたらと思うんですけど」と、与野党とも賛成している国家公務員法については成立させても良かったとの考えを示したが「なぜこんなにしぶとく待つのか。僕らが忘れると思ってるんですね」と語り、政府は国民が今回の法案反対の意思を“忘れる”ことに期待していると分析していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス