文字サイズ

N国・丸山議員 検察庁法改正案の議論に「もういいでしょう」「来年には忘れてる」

 NHKから国民を守る党の丸山穂高衆院議員が15日深夜から16日未明にかけ、検察庁法改正案についてツイッターに連投。強行採決に動く安倍政権に対し、野党だけでなく、SNSでも反対の声が高まっている中、同氏は「検察庁法なー、、うんうん、それなー。もういいでしょう?」と距離を取る姿勢を示し、「来年には忘れてるやつでは?」と今後の風化を予想した。

 丸山氏は「大臣不信任案→スーパー大臣→委員長不信任案→スーパー委員長→(やるなら内閣不信任案→否決)で成立では?」と予測。「テロ準(テロ等準備罪)の時も、この法律が成立したらこんなデモすらもうできなくなる、皆逮捕される、民主主義の死だぁーとかやってましたが、その後勿論、誰~も逮捕すらされず、まーたおんなじようなことやってますけど」などと、つづった。

 丸山氏は「会期末まで何日あるねーん!か、ら、の、スーパー大臣→スーパー委員長で終了♪→民主主義の終わりだぁ泣→か、ら、の、結局いつも通りの来年には忘れてるやつでは?」と指摘し、自身のスタンスについては「別に積極的な賛成ではないですけども」と締めくくった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス