文字サイズ

コロナ感染のゴリけん、診断の2日後に入院「順調に回復に向かっております」

 新型コロナウイルスに感染した九州を中心に活躍しているお笑いタレントのゴリけん(46)が11日、ツイッターを更新し「診断を受けた2日後に入院することができ、今は順調に回復に向かっております」と報告した。

 「病院の手配などでお世話になりました保健所の皆様、日々看護してくださる看護師さんや医師の皆様には、心から感謝しています。感染のリスクもある中、本当に親切に良くしていただいています。ありがたいです」と感謝を綴った。

 また共演したパラシュート部隊や、家族もPCR検査で陰性。「現在も症状が出ていないと聞き、ひとまず安堵しております」とホッとした様子も。さらに「日本各地で現在治療中の皆様の1日も早い回復を祈りつつ、自分も引き続き完全復活に向けて強い気持ちを持って戦いたいと思っています」とした。

 ゴリけんは3月29日朝に37・3度の発熱があり、当日予定されていた撮影を中止して自宅療養。30日朝には平熱に戻り、咳やのどの痛み、味覚、嗅覚の異常症状もなかったため、その日から数日間、撮影などの仕事を行った。4日朝に再び38・0度の発熱があったため、かかりつけの医療機関を受診。医師の指導に従って福岡県内の医療機関でPCR検査を受け、5日夜に感染が判明した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス