文字サイズ

高橋真麻 TVでの発言を「反省」…ネットで叩かれ「ちょっと悲しい」

 フリーアナウンサー・高橋真麻が10日、ブログを更新。コメンテーターとして出演した番組での、新型コロナウイルスに関する発言を「反省」した。

 真麻はこの日、日本テレビ系「スッキリ」とフジテレビ系「バイキング」に出演。「情報も、毎日コロナのことをやってるが、あんまり具体的な感じがしなくて。専門家の方によって言っていることも違うし、私達が今何をすべきかもよく分からないし」などと率直にコメントした。

 ネット上では「真麻」「高橋真麻」が一時トレンドワードに浮上するなど、反響を呼んだ。

 午後6時すぎに更新したブログでは、「今日もコメンテーターとして反省。分からないことを分からない、不安だから、不安 と自分なりに純粋に発言したつもりでしたが『勉強不足』『不安を煽っている』といったご意見を頂きました」、「私のような素人がコロナに関して付け焼き刃で勉強してもたいしたコメントはできないので思ったことを背伸びせず発言しようと心がけていたのですが」とコメンテーターとして知ったかぶりをせずに正直に語ったところ、ネットで叩かれたことを告白。

 分からないことを分からない、とコメントしたことについて「それでは“コメンテーター”ではなく“街頭インタビューに答えている人”ですよね」「不安について語るにしても何がどう不安で、どう改善してほしいのか分からないにしても何が分かりにくくて、どう分かりやすく説明してほしいのかを具体的に言わないといけないと思った次第であります」と深く反省していた。

 ブログの最後には「#今日も反省」「#ネットで叩かれてちょっと悲しい」「#正しいご指摘」と記した後で、「#でも食欲はある」と真麻らしいワードが並んでいた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス