文字サイズ

広瀬すず やさぐれ精神がパーンと出た!主演映画で浴びせる罵声

 “デスポーズ”をきめる(左から)堤真一、広瀬すず、吉沢亮=東京・イイノホール
3枚

 女優の広瀬すず(21)が24日、都内で行われた主演映画「一度死んでみた」(3月20日公開)の完成披露試写会にど派手なピンクの衣装で登場した。広瀬は同作でコメディーに初挑戦。デスメタルバンドのボーカルを演じ、髪をピンクにカラーリングしていた。

 広瀬は劇中で父役の堤真一(55)に「一度死んでくれ!」「くさい!」などの罵声を浴びせる。「私の中にある、やさぐれ精神がパーンと出ました。発散するような感覚でせりふが出て、気持ちよかったです」とニヤリ。受けた堤は「娘がいるんですけど、いつか言われるんだろうな。いいシミュレーションになりました」と余裕を見せたが、初共演の印象は「音楽が好きな人なのかな?革ジャンパー着てて、最初はちょっと怖かった」と明かした。

 また、MCから「死ぬまでにやってみたいことは?」と質問されると、広瀬は「リリーさんとラジオをやりたいです。食べ歩きの」と答えた。指名を受けたリリー・フランキー(56)は「(広瀬と)共演したけど、いつも近所の変な叔父さんとか、よくてお父さんだからね。すずに1度“壁ドン”してみたいな」と訴えた。それを受けた広瀬は「ラジオでドーンを聞かせましょう」とすっかりその気になった。

 共演者もあおられ、小澤征悦(45)が「映画監督をやってみたいです。広瀬すずさん主演でリリーさんに壁ドンをやってもらう。それが夢ですね」というと、松田翔太(34)も「浜崎監督の次回作で壁ドンしてみたいです!」と続けた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス