文字サイズ

高須院長 新型コロナの危機感訴え続けるも「バカにされ…」「もう手遅れ」

 高須クリニックの高須克弥院長が23日、フジテレビ系「ワイドナショー」に、事実婚状態にあるパートナーで漫画家の西原理恵子氏とともに出演。新型コロナウイルスの感染拡大について、「超法規で(対応を)やってください」と改めて訴えた。

 新型コロナに関しては、当初から危機感を訴え、中国全土からの入国を禁止してほしい、などと連日、ツイッターで法整備を待つのではなく、超法規的措置を求めていた高須院長。この日も「初期の段階から、(僕の)遺言だから、国難です、って言ってるんだけど、専門家たちが『大げさだ』、ってバカにされて。北朝鮮やロシアみたいに、国境でポンッって(中国からの入国を)閉じて、一切入れない、ってしたら、そこでビックリするぐらい平和な日本なんですよ。(僕の)遺言だ、って言ってくれるのに、誰も聞いてくれない」と嘆いた。

 また、「生命は法律とか人権より優先すると僕は思ってるんです」ときっぱり。「本当に生命の危機が迫ってる時に、法整備とか言うんじゃなくて、超法規でやってください!と声を枯らしてお願いします」と、ツイッターでの投稿内容と同じ主張を改めて訴えた後「もう手遅れですけど」と悔しさいっぱいの表情を見せていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス