文字サイズ

嵐 北京公演断念を微博の動画で発表 相葉「本当にごめんなさい」と頭下げる

 国民的人気アイドルグループ「嵐」が、今年4月に開催を予定していた中国・北京での公演を断念することが17日、所属するジャニーズ事務所の公式サイトで発表され、嵐も中国のSNS「微博(ウェイボー)」で発表した。公演の断念は新型コロナウィルスの感染が拡大している状況を踏まえたもの。

 5人は動画を公開。全員がスーツ姿で左から松本潤、相葉雅紀、櫻井翔、大野智、二宮和也の順で並んだ。松本、相葉、二宮はネクタイも結んでいた。

 5人は声をそろえてまず中国語であいさつ。その後、日本語に切り替えてリーダーの大野が「今日は僕たち嵐から皆さんに報告があります」と切り出し、続いて櫻井が「今年4月に北京国際体育場、通称『鳥の巣』で、コンサートをさせていただく予定で準備を進めていましたけれども、今回は断念することになりました」と、断念を発表した。

 松本は「2008年以来の中国公演を、僕たちもとても楽しみにしていました」と、11年ぶりの中国公演に期待していたことを明かし、相葉は「楽しみにしていてくださった皆さま、本当にごめんなさい」と頭を下げた。最後に二宮が「一刻も早く、皆さんの生活が平穏な日々に戻ることを、祈っています」と、メッセージを送った。日本語のメッセージには、中国語の字幕スーパーが付いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス