文字サイズ

望月衣塑子記者「いじめられても、めげない」理由 大っ嫌いな菅官房長官に…

 菅義偉官房長官の天敵としておなじみの東京新聞の望月衣塑子記者と、加計学園問題を巡る告発と出会い系バー報道で騒動となった元文部科学事務次官の前川喜平氏が12日、都内で映画「子どもたちをよろしく」(29日公開)のトークイベントを行った。

 映画は、中学生のいじめと自殺、その裏にある家庭の問題をテーマに描いている。

 望月氏は、日々、菅長官とぶつかっていることに「なぜ私がいじめられ続けても生きるのか」と切り出し、勇気づけられたと後輩記者に感謝されたエピソードや、「いじめられてるけど大丈夫?」と声をかけられることを紹介し、「いじめっ子より、いじめられっ子のほうが共感してもらえるんだなと感じています」と語った。

 「私が菅さんの会見に行かなくなったほうが、その程度かと思われる」とし、いろんな場所でいじめられている人たちのために「表だっていじめられるけどめげずに、一緒に奮起する指針となりたい」と述べた。

 「大っ嫌いな菅さんに、これだけ言い続けていくのは、その結果得られるものがある。非常に多くの人の助け船や、仲間との連帯があります。負けずに、圧力に屈さず、子どもたちのためによりよい社会を築き上げていきたい」と語った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス