文字サイズ

氷川きよし 思い出の地・中野サンプラザで20年記念日唱 新曲「母」初披露

 青色のタキシード姿で、ファンの祝福に耳を傾ける氷川きよし=東京・中野サンプラザ(撮影・高石航平)   
 紅白と同じ衣装で熱唱=東京・中野サンプラザ(撮影・高石航平)
2枚

 歌手・氷川きよし(42)がデビュー記念日の2日、東京・中野サンプラザで全国ツアーの東京公演を行った。

 会場は初コンサートを開催した思い出の場所で、デビューから丸20年となった節目を、ファン2200人がそろえた「おめでとう」の声とケーキで祝福。

 氷川は「素晴らしいお客さまのおかげで今日の日を迎えられました。21年目ですけど、歌の道を0からスタートする気持ちです」と初心に返り、デビュー曲「箱根八里の半次郎」や、GReeeeNからの提供曲で『2月2日』がテーマの「碧し」などを届けた。

 作詞家のなかにし礼氏(81)が手掛けた新曲「母」(4日発売)も初歌唱。故郷の福岡で暮らす67歳の母親を思い浮かべ、「背が高くて、自分と顔も性格もそっくり。レコーディングしてすぐ聞いてもらったら、『よか歌やんね』とサラッとしてて…。親戚のおばちゃんはわんわん泣いてくれました。一生大切にしていきたい曲です」と“親孝行ソング”に誇らしげだった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス