文字サイズ

伊集院静氏がくも膜下出血で手術、緊急搬送…予断許さない状況

 作家の伊集院静氏(69)がくも膜下出血で21日に倒れ、緊急搬送されたことが23日発表された。

 22日に手術が行われ、成功しているという。妻の女優・篠ひろ子が直筆FAXで容体を報告した。「寒くなって参りましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。突然ではございますが、夫の伊集院静が一月二十一日の夜くも膜下出血で倒れ翌日二十二日に手術を致しました。手術は成功し経過は良好ですがこの先どのような状態になるのかまだ予断は許さない状況です」と成功はしたが完全に復調とはなっていない様子。

 「週刊誌、新聞など連載を多く抱えている立場にありますが道半ばで書く事を断念せざるを得ないとしたらこんなに悲しいことはありません」と伊集院氏の胸中を思いやった。また、「願いがかなうのであればまたペンを持って皆様に作品をお届けできることが私の心からの思いです」としている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス