文字サイズ

堀ちえみ 「この世を去りたい」…闘病中によぎった絶望を明かす

 舌がんと食道がんの手術を受けたタレントの堀ちえみ(52)が10日、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」に出演し、闘病中に感じた葛藤や絶望感を切々と述べた。「この世を去りたい」「なぜ生きてしまったんだろう」などの考えが浮かんだという。

 堀はテレビ朝日系「徹子の部屋」に出演して仕事復帰を果たした。「グッディ!」の取材を9日に受け、術後初めて自分の顔を鏡で見た時のことを語った。「リンパを切ったということと。舌を切って大きな手術をした負担で、顔が3倍くらいかな。ふくれあがって」「口が閉じないし歯も閉じない」「自分の顔とは思えない」などと手術後の自身の変化に衝撃を受けたことを語った。

 堀は「病院の窓が開くんであれば、ここからぽんと飛んで…この世を去りたいなと馬鹿なことを考えてしまうくらい、生きたことに対しての罪悪感と絶望感がものすごく湧き上がってきて、生きたことに対して『なぜ生きてしまったんだろう』とさえ考えてしまった」と揺れ動く胸中を語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス