文字サイズ

山寺宏一が「昭和元禄落語心中」雲田はるこ氏の描き下ろし画で落語生アフレコに挑戦

 「声優」と「落語」を融合させたイベント「声優落語天狗連祭り2020」の12日夜公演で、漫画「昭和元禄落語心中」の作者・雲田はるこ氏の描き下ろし画をスクリーンに投影し、山寺宏一が舞台裏でのアフレコで落語に挑戦することが8日、発表された。

 「昭和元禄落語心中」は落語家の生きざまや落語界そのものを描いた作品。山寺はアニメ版では伝説の落語家・二代目有楽亭助六の声を担当していた。

 同イベントはニッポン放送が開局65周年記念イベントの一つとして開催しており、8日から12日まで新宿・紀伊國屋ホールで行われる。12日のみ昼・夜の2部公演となっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス