文字サイズ

上原さくら 元日に救急搬送、緊急入院 新婚なのに…インフルエンザでフラフラ

 タレント・上原さくら(42)が4日、ブログを更新し、「インフルエンザA型に感染してしまい、入院してました」と正月早々入院したことを明かした。

 ブログによると上原は1日朝から体調が悪く、病院へ行き風邪薬を処方されて帰宅。しかし「横になり様子を見ていたのですが、何も食事を取る気が起きないまま夜までに熱はぐんぐん上がり、酷い咳込みの度にやっと飲んだ水分を吐き戻し、関節や筋肉が痛み、頭痛までしてきて、ついに目がまわってふらふらで立つことすら出来なくなってしまい、救急車」と、救急搬送されたという。

 検査を受け、インフルエンザA型と判明。「脱水を改善したら熱は同じ39度でも支えがあればトイレには歩けるようになりました・・・・が、こんな状態で帰らない方が良いとのお医者さんの判断で、着の身着のまま入院しました」と緊急入院だったという。

 翌日には自分で水を飲めるようになり退院。薬の投与で平熱に下がったという。しかし「私のせいでお正月っぽいこと何も出来ていない夫には申し訳ないです それなのに、発熱による寝汗でパジャマをぐしゃぐしゃにして朝から晩までに5回くらい着替える私の為に1日中洗濯してくれてる夫を見ると泣けてきちゃいます」と、昨年12月に結婚を発表したばかりの夫に感謝をつづった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス