文字サイズ

かまいたち山内が悲願の明石家サンタ出演 M-1“不幸”秘話で見事鐘

 お笑いコンビ・かまいたちの山内健司が24日深夜にフジテレビ系で放送された「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー」で悲願の電話出演。先日無念の2位に終わったM-1での不幸話を披露し、見事、さんまの鐘を鳴らした。

 山内は「まず、これ出られたのがめちゃめちゃうれしいです」と電話口で大喜び。学生時代からずっと電話をかけ続けていたといい、「本当に繋がらなくて。1回だけスタッフの人に話を聞いてもらったことがあったけど、電話はかかってこず」と振り返った。

 そして本題の“不幸話”に突入。山内は、22日に行われた漫才日本一を決めるM-1グランプリに出場し、決勝ラウンドまで進んだものの、ミルクボーイに敗れた。かまいたちにとって、今年が最後のM-1グランプリだった。

 山内は、M-1本番前に別の番組で、3人組バンド・アリスと共演したといい、「初めてご一緒させて頂く機会があった。谷村さん、堀内さん、矢沢さん。ボク、世代的にはちょっと(アリスは)上なんですけど、すごいテンション上がって」と盛り上がったといい、相方の濱家隆一は「なんかの縁や」と言いだし、M-1本番直前には2人でアリスの大ヒット曲「チャンピオン」を聞いて、気持ちを奮い立たせていたという。

 だが結果は無念の2位。山内は「終わった後に、ネットで調べたら、『チャンピオン』は若手に負けて引退する曲やった。何を聞いてたんだと」とチャンピオンの歌詞に愕然。その歌詞通りに、若手のミルクボーイに敗れる展開となったことに「チャンピオンになる曲だと思って聞いていた。若手に負けて引退する曲の通りになった」とコメントするとさんまも思わず鐘を鳴らした。

 山内は歓喜し、「2位だったから2番!」とパネルを指名し、見事温泉旅行を獲得していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス