文字サイズ

嵐・二宮が結婚後初の公の場 心境を明かす「20年という区切り、自分の決断で」

 嵐の櫻井翔(37)と二宮和也(36)が16日、東京・丸の内で「2020年用年賀状 受付開始セレモニー」に出席した。

 二宮は、11月12日に元アナウンサーの一般女性と結婚を発表してから初めての公の場。イベント後、取材に応じ、心境などを明かした。

 結婚がこのタイミングになったことについて、「こういう報告はどうしてもファンの方にとっては突然になってしまう。4人のメンバーには前から伝えてはいましたが、こういう決断をするにあたって余波もあるだろうし、ご迷惑をお掛けしてしまったのは申し訳なく思っています」と二宮。

 11月3日にデビュー20周年を迎え、同9日には「天皇陛下の御即位をお祝いする国民祭典」で奉祝曲を披露する大役を担った。直後にアジア4都市を回る「ジェットストーム」も敢行しており、相次いだ節目の行事を終えてからの入籍となったという。

 「一段落付いたところがそこだったので、そこをタイミングとして。20年というひとつの区切りもありますし、自分の決断をさせて頂いたということです」と話し、「これからも活動していくわけで、変わらず頑張っていこうという思いでいます」と穏やかな表情で言葉を紡いだ。

 このたびの自身の結婚に関して、事前に他のメンバーたちと話す機会もあったといい、「受け入れてくれました。それぞれの思いがあると思います。コンサートや20周年が終わってからとか、いろいろありましたが、歩み寄らないわけじゃなかった。結婚させてもらいますと報告をしました」と二宮。終始柔和な笑みを浮かべ、結婚生活はいかがですか?という質問にも「変わらないですよ」とさわやかに応対した。

 来年いっぱいで活動休止となるが、改めて「二宮和也として嵐として頑張って行きたいので応援して頂ければと思います。キワのキワまで楽しい思い出を作りたいです」と思いを口にした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス