文字サイズ

NHK次期会長 視聴率至上主義に苦言「いい番組を提供し続ける、それだけ」

 NHKの次期会長に就任することが決まった前田晃伸氏(74)=みずほフィナンシャルグループ名誉顧問=が10日、東京・渋谷のNHKで記者会見を実施。昨今の「視聴率至上主義」に対して疑問を呈した。

 前田氏は、新会長就任に「大変な重責を担うことになりました。突然のご指名で本人が一番驚いています」とあいさつ。「できるだけ早く、実情をよく把握させて頂いて、公共放送の使命にふさわしい仕事をさせていただきたい」と話した。

 今後のNHKのあり方を問われると「公共放送ですので、国民の皆さんに信頼される番組を作り続けるということに尽きる」と答えた。今年度の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の低視聴率などが喧伝されているが、「視聴率がどうだとか、あんまりそっちばっかりだとおかしくなってしまう。いい番組を提供し続ける、それだと思います」と“視聴率至上主義”への疑念をきっぱりと口にした。

 会見では「勉強中です」という言葉を繰り返し口にした前田氏。来年4月開始の、インターネット常時同時配信についての質問には「実はインターネットとかパソコン持っていないんですが…」と衝撃の回答。常時配信がどんなものかも分かっていない。これも1月までもうちょっと勉強させてほしい」と苦笑いした。

 来年度の大河ドラマ「麒麟がくる」に出演を予定していた女優・沢尻エリカ被告(33)が、麻薬取締法違反で逮捕・起訴され騒動となったことについても問われたが、「申し訳ないが、そのことは報道でしか知らないので、それ以上のコメントはしようがない」と話すにとどめた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス