文字サイズ

新井浩文被告 懲役5年判決「性的な欲求を優先…相当に重い犯罪」

 派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして強制性交罪に問われた元俳優の新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)被告(40)に東京地裁は2日、求刑通り懲役5年の判決を言い渡した。新井被告は「暴力や脅迫は一切やっていない」と無罪を主張していたが、判決は供述の信用性を否定した。滝岡俊文裁判長は「施術中という抵抗しづらい状況に付け込んだ卑劣で悪質な犯行だ」と断罪。新井被告側は判決を不服として即日控訴した。地裁は同日、新井被告の再度の保釈を認める決定をした。保証金は750万円で、被告は納付した。

 白髪交じりの頭は鳥の巣のようにボサボサ。肌にツヤはなく、スーツにはしわが目立った。はた目にも明らかな疲労感をにじませて入廷した新井被告は、証言台のイスに座ると背筋を伸ばし、両手を膝に置いて、じっと裁判長に顔を向けながら判決を聞いた。

 滝岡裁判長は、両者の証言に食い違いがあるものの「A(女性)の証言は客観的な経緯や状況と整合し、信用性が高い。被告の証言は信用に値しない」と、新井被告の主張を一蹴。争点となった「強制性交罪に相当する暴行があったか」「合意があると誤信することはなかったか」の2点について、説明した。

 性交に及ぶ前、新井被告は女性の手をつかみ、陰部に押しつけるなどしている。自室を真っ暗にし、体格差もあったことから「抵抗を著しく困難にさせる暴行だった」と認定。性交後に現金7万円を渡そうとするなど、合意があれば必要のない行為も見られ「誤信があったとは信用しがたい」と判断された。

 身じろぎもせず判決に耳を傾けた新井被告に対し、滝岡裁判長は「自身の性的な欲求を優先したもので厳しい非難に値する。主張は非合理で、相当に重い犯罪」と強調。「社会人としての信頼を失い、取り戻すのは難しいことでしょう。でも、あなたの人生が終わってしまったわけではない。しっかり責任と向き合い、罪をつぐなった後で地道に信頼を取り戻すべく努力し続けてください」と説諭した。

 閉廷後、女性側の弁護士は「正当な判断が下って、ホッとしている。早く(女性に)伝えたい」とコメントした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス