文字サイズ

【弁護士の見解】新井浩文被告 疑義呈した点は「大事なところではない」

 派遣型アロママッサージ店の女性従業員に乱暴したとして強制性交罪に問われた元俳優の新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)被告(40)の第3回公判が23日、東京地裁(滝岡俊文裁判長)で開かれ、検察側が懲役5年を求刑した。次回12月2日に判決が言い渡される。

  ◇  ◇

 「弁護士法人・響」の西川研一代表弁護士によると、すでに証拠調べは終わっており、新たな証拠を出してはいけないため、意見陳述とはあくまで意見を言うだけのもの。新井被告が意見陳述の内容に疑問を呈したことについては「そんなに大事なところではない」としながら「言うことがコロコロ変わるようでは信頼できない、と言いたかったのでしょう」と推察した。

 強制性交罪の事例は、状況や回数、暴行の重軽度など悪質性の違いが多岐にわたり「ボコボコに殴った、複数人で加害したなど、いろいろなケースがある。

 求刑の懲役5年は、示談が成立していないし、被害感情が激しいので重くなりそうだが、ケガをさせていないとか、出会いがマッサージ店であることが考慮されているかもしれない。上司と部下の関係で脅して、何回も行為を迫ったとか、悪質なものもあるので」と分析した。

 判決の成り行きに関しては「何とも分からない。弁護側もそんなに決定的に無罪だという反論ではない印象だが、裁判所が何を重視するのか」と、専門家でも風向きの判断が難しい裁判になっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス