文字サイズ

自粛中の徳井「いだてん」熱演15分放送される「徳井で泣いた」「これはカットできない」

 1日放送のNHK大河ドラマ「いだてん」で、申告漏れと所得隠し問題で活動を自粛中のチュートリアル・徳井義実(44)の熱演シーンが前後半の要所で計約15分にわたって放送された。

 徳井は、1964年東京五輪で東洋の魔女と呼ばれた日本女子バレーボールを率いて金メダルを獲得した大松博文監督役。1日の放送では冒頭、五輪まで2年となった時期に、“鬼の大松”こと大松監督が辞意を示し、主人公の田畑政治(阿部サダヲ)が説得に行くも、頑なな態度を示すところからスタート。

 終盤では、再び説得に訪れた田畑に大松監督が、これ以上選手たちの青春を奪えないと切実に訴えるシーンや、選手の思いを受け、最後は再び名セリフの「俺についてこい!」を叫ぶ場面などが描かれた。

 徳井の問題を受け、NHKは「再編集しながら放送する」とし、11月3日の放送分は放送時間が1分短縮されたことも。ただし、役柄は重要で、すでに撮影は終了していることから、その後も大松監督が五輪を目指すにあたり、結婚適齢期の選手たちの親元を回って頭をさげる場面や、厳しい指導シーンが放送されている。

 1日の放送後、ネット上では「徳井のシーンで今日は一番泣いた」「いい役だ」との感想が相次ぎ、「カットは出来んわ」「これは確かにカットされてはいけない」「徳井はずすのムリなわけだわ」と放送に理解を示す声も。一方で「徳井もいい演技するのに、何でまたあんな事になっちゃったのかなぁ」と残念がる声もみられた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス