文字サイズ

沢尻容疑者代役の川口春奈 時代劇初挑戦、初大河に気合…12月から撮影

 NHKは21日、来年の大河ドラマ「麒麟がくる」について、麻薬取締法違反(所持)容疑で逮捕された沢尻エリカ容疑者(33)の代役に川口春奈(24)が決まったと発表した。川口は大河初出演で、時代劇にも初挑戦となる。所属事務所によると、この日、決定し、12月上旬から撮影を開始。NHKによると、来年1月5日の第1話から登場する。

 NHKは沢尻容疑者が16日に逮捕されたことを受け、代役探しを開始。川口側には数日前にオファーがあったという。川口は時代劇の経験はなく、所作など学ぶべきことは多いが、事務所は川口本人と相談した上で出演を決断。初めての時代劇、初めての大河に気合が入っている。

 すでに来年までに決まっている仕事が複数あったが、各方面と調整してスケジュールを確保。出演は「今日決定したばかり」で、川口本人は衣装合わせはもちろん、顔合わせや本読みなどはまだ。12月上旬から“撮り直し”を始める。

 川口は斎藤道三の娘で、のちの織田信長の正妻、帰蝶(濃姫)役。主演の長谷川博己が演じる明智光秀と絡むシーンも多い重要な役どころ。放送まで1カ月半しかない時期の逮捕に、放送開始日の延期の可能性なども含めて心配されたが、急ピッチで撮り直しを開始し、当初の予定通り、1月5日に放送する。

 NHKは川口の起用理由について、「確かな演技力があり、戦国武将の娘としての気高さと強さを表現していただけると考え、お願いすることとしました」とコメントした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス