文字サイズ

奥野史子氏 織田信成氏になぜ「今」…「せめてオフの時期に…」

 元シンクロナイズドスイミングの日本代表で、現在はスポーツコメンテーターとして活躍する奥野史子さんが18日、レギュラーを務める読売テレビ「かんさい情報ネットten.」に生出演。フィギュアスケート男子の2010年バンクーバー五輪代表でプロスケーターでタレントの織田信成氏(32)が同日、関西大学アイススケート部の同部の浜田美栄コーチ(60)を相手取り、訴訟を起こしたことについて、コメントした。

 織田氏は、同部の監督を務めていたが、9月に退任。女性コーチからモラハラ行為を受けたとして1100万円の損害賠償を求めて18日、大阪地裁に提訴。大阪市内で会見した。

 奥野さんは「現場でトップを目指してるコーチの厳しさっていうのを、私も見ていてよく分かってるし、ものの言い方がもしかしたらとても厳しい、きつい言い方だったかもしれないな、とは想像はつく」と選手としての立場を理解していることを伝えた上で、「それに対し、(織田さんが)つらい思いをされたっていうのは分かります。ただ、私は選手の立場になって考えた時に、今、グランプリシリーズの真っ最中で、いろいろ国内の大会も真っ最中で、その時期に、コーチのいない状態という選手の不安を考えると、ちょっとオフの時期にせめて(訴訟なり会見なりを)してもよかったんじゃないかな、っていう…。今、ってのはちょっとつらいですよね、聞いてて」とシーズン真っ最中の騒動に、選手たちに及ぼす動揺や不安を思い、胸を痛めていることを明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス