文字サイズ

舛添要一氏「廃止した方がいい」桜を見る会の中止発表に「何も解決していない」

 元東京都知事で国際政治学者の舛添要一氏が13日、ツイッターを更新。首相主催で毎年春に新宿御苑で開かれる「桜を見る会」に安倍晋三首相の地元後援会関係者が多数参加していた問題などを受け、来年度の中止が発表されたことについて、「もう廃止したほうがよい」と提言した。

 舛添氏は「来年度の『桜を見る会』は中止。批判を受けて即決。二大臣の更迭と同じ手法」と、菅原一秀元経産相と河井克行元法相の疑惑による相次ぐ辞任になぞらえて“手法”として論評。「対応は早いが、何も解決したわけではない」と、根本的な問題点を掘り下げずに「中止」という対応で早い幕引きを図ろうとする政権の姿勢に苦言を呈した。

 第一次安倍政権で厚生労働相を務めた舛添氏。「芸能人も功績というより政権の景気づけのために招かれていた。有識者はもっと酷く、右翼的応援団が主流」と現状を指摘し、「だから、私は1回出ただけで二度と行かなかった。もう廃止したほうがよい」と言い切った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス