文字サイズ

小関裕太 初単独主演ドラマで熱中症ダウン寸前「体張りました」

主演ドラマをPRする小関裕太=大阪市内
2枚

 俳優の小関裕太(24)が23日、大阪市内でカンテレの初単独主演ドラマ「死亡フラグが立ちました!」(24日スタート、木曜、深夜0・25、関西ローカル)の会見を行った。

 「死神」と呼ばれる殺し屋の正体を暴こうと奮闘する雑誌ライターを演じており、今夏行われた撮影中には熱中症でダウンしかけたことを告白。「猛暑日に屋外のロケで、200~300メートルを走るシーンを撮った後、ふら~っと倒れてしまった」と振り返った。さらに「次の撮影もヤクザに囲まれて倒れ込むシーン。熱い日差しの中、コンクリートの上で寝転ばなくてはならず、フライパンで焼かれるみたいだった。体を張りました」と猛暑での奮闘ぶりをうかがわせた。

 相棒となる敏腕トレーダー役でドランクドラゴン・塚地武雅(47)が共演しており「演技派の方と聞いていたので最初は緊張したが、実際会うと優しい方で、僕が毒を吐いても言い返してくれる。同じいのしし年生まれで、休み時間は中学生みたいな話で盛り上がった」と、楽しかった現場を懐かしんだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス