文字サイズ

杉良太郎 即位の礼参列「胸に迫るものがありました」

位礼正殿の儀に参列した杉良太郎
2枚

 歌手で俳優の杉良太郎(75)が22日、即位礼正殿の儀に、法務省特別矯正監として参列した。モーニング姿での参列を終え、関係者を通じてコメントを発表。「自分の生涯で、歴史的瞬間に立ち会えるとは思っておりませんでした。大変感動致しました。10年前、ベトナムへ皇太子殿下として、お出ましになり、早くも天皇になられた、お姿を拝見し、胸に迫るものがありました」と万感の思いをあふれさせた。

 杉は慈善活動を通じて、日本とベトナムの親善に尽力。2009年2月に天皇陛下がベトナムに公式訪問をされた際には、案内役を務めた。

 荘厳な雰囲気を肌で感じて、「本日の式典において、象徴天皇として、世界平和を願うというお言葉に、自分も、少しでも、平和のためにさらに努力をしなければと、自分の心に誓いました」と胸に刻んでいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス