文字サイズ

堀ちえみ 著書サイン会に笑顔で出席…手術後初めて公の場 書面で「歌いたい」

 今年2月に舌がん、4月に食道がんの手術を受け、活動を休止していたタレント堀ちえみ(52)が20日、都内で著書「Stage For~舌がん『ステージ4』から希望のステージへ」の発売イベントを開き、術後初めて公式の場に姿をみせた。

 白のワンピース姿で会場に姿をみせると、満面の笑みを浮かべた。深々と一礼して壇上にあがり、著書を手に写真撮影に応じた。

 現在、舌のリハビリ中のため、話す場面はなかったが、カメラへの目線を求められると、口元を動かしながら応じた。

 会場では堀の直筆の手紙が配布された。「本当は私の口からご挨拶を申しあげるべきなのですが、文章によるメッセージになることをお許しください」とわび、6割以上の舌を切除し、そこに大腿の一部を移植した手術が10時間以上に及んだことを振り返った。

 「まだ言語がおぼつかない状況です」と現状説明した。

 「病気をして失ったものは沢山ありました」とする一方で「でも実際には、得たものも沢山あったのではないかと…そんな気持ちです」と心境を記した。

 著書について「まだ言葉で伝えられない分、一生懸命文字で綴りました」とし、「今後もリハビリを頑張り、一日も早く復帰できればと思っております」と綴られていた。

 事前に集まった質問にも書面で回答。今後やってみたい仕事について「やはり歌いたいです。デビュー40周年の記念ライブをやりたい」と、手術を受けライブを延期していることを明かし「絶対に実現させる!という夢に向かって頑張っています」とした。

 写真撮影を終えると、拍手が起こる中、にこやかに退席。その後、一般向けのサイン会を開いた。参加者からの激励の言葉に、うれしそうにうなづきながら、交流していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス