文字サイズ

舛添氏 マラソン札幌問題“犬猿”小池知事&森元首相のスクラムが唯一対抗策

 前東京都知事の舛添要一氏が17日付のツイッター投稿で、2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催案に驚きながら、経験則として、東京都知事と2020大会組織委会長が協力しない限り、IOCに押し切られると指摘した。都知事の小池百合子氏と、組織委会長の森喜朗元首相は犬猿の仲とされ、小池氏の都知事選出馬時から不安視する声があったほど。

 舛添氏は突然の札幌開催案に「東京マラソンのコースを東京名所を巡り、皇居・東京駅をゴールにするように指示した前都知事としては、IOCの唐突な札幌開催案には驚いた」としたうえで、「選手の健康第一も分かる」ともツイートした。

 そのうえで「IOCはGHQと同じくらい絶対権力を持っている」と記し、「私の経験からは、組織委会長と都知事がスクラムを組んで対応しないかぎり押し切られる」と指摘した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス