文字サイズ

加瀬亮、謙さんに「役名言うのが恥ずかしかった」

 笑顔で肩を組む渡辺謙(左)と加瀬亮=TOHOシネマズ日本橋
3枚

 俳優・渡辺謙(59)が9日、都内で行われた映画「ベル・カント とらわれのアリア」(11月15日公開)のプレミア試写会で、共演の加瀬亮(44)とともに舞台あいさつした。

 1996年に起きたペルー日本大使公邸占拠事件を題材にした作品で、渡辺は実業家のホソカワ、加瀬はホソカワの通訳ゲン・ワタナベをそれぞれ演じている。渡辺とそっくりな役名だが、加瀬は「原作者(米作家アン・パチェット)が謙さんのファンなんですよ」と説明。「ケン・ワタナベ」が米国で一般的に知られていることをあらためて示した。

 濁点だけが違う名前を劇中で呼ぶはめになった渡辺は「変えてくれればいいのに。でも監督が“原作だがら”って」と今更ながらのクレーム。「こっち(通訳)の役の方がよかったけど、年齢的に無理だったね」と残念がった。

 一方の加瀬も「謙さんの前で役名言うの恥ずかしかったですよ」とポツリ。渡辺とはクリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」(06年)以来の共演だったが、役名という意外な苦労があったことを明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス