文字サイズ

どぶろっく涙 キングオブコント王者「下ネタ&歌ネタ」で現制度の最高得点

 コント日本一を決める「キングオブコント2019」の決勝が21日、東京・TBSで行われ、2413組から結成16年目のベテランコンビ・どぶろっくが優勝。12代目王者に輝き、賞金1000万円を手にした。

 10組によるファーストステージ、上位3組によるファイナルステージとも、得意の「下ネタ&歌ネタ」で高得点をマーク。とくにファーストステージでは、現状の審査方法に変わった第8回以降の最高得点となる480点(500点満点)をマークした。

 優勝が決まった瞬間、江口直人(41)は思わず涙。司会のダウンタウン・浜田雅功(56)が「泣いてる~!」と驚いた。森慎太郎(40)も、目を潤ませながら「自分たちのスタイルを思い切りやったら、たくさんの人に評価された感じで、幸せです」と感無量の様子だった。

 04年に結成し「もしかしてだけど~」と男の妄想を歌うネタで14年にブレーク。CDデビューまで果たしたが、全国区の賞レースでは、決勝進出も初めて。江口は「メインストリートじゃないタイプの芸人だと思って、裏の道を歩いて来ました」と笑顔を見せた。賞金の使い道については「フェスでも開いて恩返ししたいですね」と語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス