文字サイズ

宮迫博之の実家たこ焼き店が営業再開 母は復帰熱望「事件を起こしたわけでもない」

 営業を再開した宮迫の実家のたこ焼き店「みやたこ」=大阪府茨木市
2枚

 雨上がり決死隊の宮迫博之(49)の親族が、大阪府茨木市の実家で経営するたこ焼き店「みやたこ」が1日、営業を再開した。母の勝子さん(75)が取材に応じ「毎日テレビに出ているのを楽しみにしていたが、何も見るところがない。しょっちゅう画面を見て元気とか太ったとかやせたとか判断していたから…」と、宮迫の復帰を熱望した。

 闇営業問題発覚後の7月15日から8月31日まで店を休業していたが、勝子さんは「毎年、夏休みは営業していないのに、そのことが理由で休んでいることにされた」と憤る。吉本から契約を解除され、後に撤回された宮迫について「すぐに復帰できると思っていた。何かの事件を起こしたわけでもないし、刑事事件を起こしたわけでもない。何をしたというのか」と胸中をおもんぱかった。

 休業期間中に宮迫が友人を連れて実家を訪れたといい、メールでもひんぱんに連絡を取っているという。「元気みたい。来たところで、何もしてあげられない。子ども食堂の話も聞いていた。あんなん好きやから」と、ボランティア活動を続ける息子の近況を明かす。

 宮迫のファンから実家に手紙が届くといい「近所の人が“落とし穴に落とされたんやなあ”と言っていた。ねたみ、そねみもあるので」と笑う。今後については「やりたいようにやればいい。私がいろいろ言うと、優しいから変に気を使うと思うので」と一任した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス