文字サイズ

野口健氏「大人達、情けない!」U18日本代表の“日の丸自粛”渡韓で高野連に苦言

 登山家の野口健氏(46)が28日、ツイッターを更新。日韓関係の悪化を受け、韓国で30日から始まるU18ワールドカップ(W杯)に臨む高校日本代表に日の丸のロゴなどが入ったポロシャツを着用させず、無地のシャツに変更して現地入りさせる方針を日本高野連が明かしたという報道を引用して、「意味わからん」「選手に失礼」「大人達、情けない!」と苦言を呈した。

 野口氏は「『日の丸を隠さないと日本代表選手を守れない』というのならばそんな危険なところに行くべきではない。日本代表が日の丸を隠してまで。日韓関係に配慮って意味わからん」とチクリ。「ならば韓国代表は韓国国旗をユニフォームから外す?片方だけが外すという事が果たして未来志向なのか?」と疑問を投げかけた。

 日本代表の高校球児たちが着用するポロシャツの胸に刻まれるはずの日の丸をなくしてまで渡韓するという“過剰反応”に対し、納得がいかない野口氏。さらにこのテーマについて連続投稿した。

 野口氏は「果たして『日の丸を隠す行為』が韓国に対し配慮している行為なのだろうか?韓国からすれば『日の丸をつけていれば日本代表選手に危害を加える』と日本サイドに思われている事自体が『侮辱されている』と捉えるだろう」とツイート。つまり、“日の丸自粛”は韓国サイドが危害を加える可能性があるとする偏見の裏返しであり、開催国のプライドを傷つける行為だと指摘した。

 返す刀で、同氏は「また日本を代表し戦う日本選手にコソコソさせるのは極めて失礼。大人達、情けない!」と強い言葉で日本高野連の“大人たち”の意識を批判した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス