文字サイズ

関根勤 今度は「頸動脈が50%詰まってる」…16年に心臓手術

 タレントの関根勤(65)が9日、カンテレ(関西テレビ)「快傑えみちゃんねる」に出演。頸動脈が50%詰まっていることを明かした。2016年5月には冠動脈狭窄(きょうさく)と診断され、手術を受けている。

 関根は「こないだ、頸動脈が50%詰まってると言われました」と首を押さえながら告白。「心臓が75%詰まってたのは、ステントで広げたんですけど、今度は頸動脈が。あちこち詰まりまくりで…」と苦笑いしながら明かした。

 16年の冠動脈狭窄は、心臓に血液を供給する血管が沈着物の蓄積で詰まるもので、心筋梗塞の発症にもつながる疾患だった。自覚症状はなかったが、心臓手術を決断し、金属の筒で血管を広げるステント治療を施していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス