文字サイズ

【7月23日のなつぞら】第98話 テレビ班移動に悩む坂場 雪次郎は大抜擢されるが…

 NHK連続テレビ小説の100作目となる「なつぞら」(月曜~土曜8時)。7月23日は第98話が放送される。日本のテレビアニメを切り開くのか、坂場の運命とは。

 なつ(広瀬すず)や茜(渡辺麻友)と共にテレビ班に行くよう命じられた坂場(中川大志)。仲(井浦新)や井戸原(小手伸也)たちに、東洋動画のテレビアニメに対する姿勢を問うが、納得のいく回答が得られない。なつに「もう漫画映画の世界に戻れない」とこぼす坂場。その頃、劇団「赤い星座」の稽古場では次回作の主役の発表があり、雪次郎(山田裕貴)が抜擢される。しかし、納得いかない若手劇団員たちは雪次郎を呼び出して…。

 「なつぞら」は戦災孤児だったなつが、広大な北海道の大自然のなか、次第に絵を描くことに目覚め、やがてアニメーションの世界を開拓していく物語。作品のテーマである「開拓」と「未来のつながり」を、ヒロイン役の広瀬すずが瑞々しい感性で演じる。語りは、紅白の司会が記憶に新しいウッチャンこと内村光良が初挑戦。主題歌は朝ドラの大ファンという草野マサムネがボーカル&ギターを務めるスピッツの「優しいあの子」と、見逃せない話題作となっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス